水野さやか

水野さやか

いじめられている僕を助けてくれたのは まさかのスケ番!!捨て猫を見つけては餌をあげるし、老人を見つけては席を譲るうわさ通りの優しいスケ番だった。従属を望む僕を笑ってあしらうも、徐々にサディスティックな衝動が芽生え始めた高3の彼女 水野さやか

ツッパてるのに優しくてかわいくて、みんなの憧れのスケ番。そんな彼女が、放課後教室で待つ僕の元にやって来る。上履きを脱ぎ足を差し出す彼女。僕はその指を舐めつくす。ロングスカートの中に招かれ、うぶ毛の生えた割れ目に舌を這わす…