雨宮葉月

雨宮葉月

僕は家庭教師 真っ昼間、教え子に誘惑されて犯●れて、甘い匂いの香る密室での夢のような淫靡な時間… 雨宮葉月

僕は最近受け持つことになった葉月の扱いに困っていた。授業の度にその白いもち肌で僕を誘惑してくるように感じていたからだ。まだまだ未成熟とはいえ、下着を着用せず授業を受け不敵な笑みを浮かべている葉月、遂には僕のチンポに手をか…